2014年03月20日

暫定トップ絵+α

長らくトップ絵(というかトップ絵というのも何か前時代の響きがしますが)というと小説の更新合わせでしか変えてなかったのですが、いい加減前のが古いので消してみたり暫定的にらくがきを置いてみたりちまちまやって今回そのらくがき2枚目です。

あとずいぶん前〜結構前のものばかりですが、ツイッターにアップしたりしていたらくがきを何点か、小説のイメージイラストのところに追加しました。
posted by 伊西殻 at 23:05| 更新記録

2014年02月28日

【紹介】『続・殺戮のジャンゴ -地獄の賞金首-』二次創作小説

ニトロプラスのマカロニウエスタンなアダルトゲーム……もとい空想科学マカロニ大活劇『続・殺戮のジャンゴ -地獄の賞金首-』の二次創作小説がありましたのでご紹介です。
ありましたのでっていうかまぁ、Companerosが書いたやつですよ。

CORRI DONNA CORRI 前編」※R-18

CORRI DONNA CORRI 後編」※R-18

ゲーム前半における、荒稼ぎ中のイライザとブロンディ日常風景といった内容です。
マカロニ的な日常風景です。
マカロニファン向けの引用・小ネタも多く、面白いのでみなさん読みましょう。
posted by 伊西殻 at 03:08| 頂き物・紹介

2014年02月25日

年賀画像

そういえば今年の年賀状(年賀画像)はこんな感じでした。

2014NY.png

タグ:創作
posted by 伊西殻 at 09:26| 雑記

2014年02月21日

ブログ移行終了

面倒スイッチが入っていて一ヶ月くらい掛かってしまいましたが、めぼしい記事はだいたい移し終わった……かなぁ。
マカロニ記事の情報系のものと、あとは告知系記事くらいですが。

今のところ月一くらいで女子プロ観戦に行ってます。
なんだかんだでWAVEが好きかも……という感じになってきました。浜田文子大好きですしね。
先週……先々週?はアイスリボン。
先週のスターダムや今週末の大女も行きたかったんですが、ちょっと予定やら気力やら体調の都合で見送りました。
5月には仙女がまた来るらしいので行けるといいなーと思います。
posted by 伊西殻 at 07:25| 雑記

2014年01月24日

ブログ移行中

以前使っていたブログがどうもサーバーの仕様変更で使えなくなった&他にも色々問題がありそうな感じだったので、ブログお引っ越し中です。
記事はどの程度移そうかなぁ。全部手作業なので……。

以前のブログ(トップ以外は見られませんが、ちょっと自分の利便も兼ねて)
http://am7.rojo.jp/cgi-bin/diarypro/

posted by 伊西殻 at 00:00| 雑記

このブログ/管理人について

創作小説サイトAM7:50の更新記録その他諸々用ブログです。
マカロニウエスタンの話題も多少。

2014年1月頃に旧ブログから引っ越しました。

管理人:
小説サイト用のペンネームは「伊西殻(いにし から)」
マカロニ関係その他、小説サイト以外で使うハンドルネームは「なんから」です。
どちらでもお好きにどうぞ。

日常的なアレコレは普段Twitterでだらだら呟いています。
サイドメニューのリンクから飛べますが、わりと色んな方向で取り繕ってない呟きをしているときもあるので、生存確認程度でおねがいします。

連絡はメールフォームなどからどうぞ。

マカロニ・ウエスタンが好きです。
ジェラルド・ハーターとモーリス・ポリとウィリアム・バーガーのファンです。
でも基本的に好きなマカロニ役者は大勢いすぎて挙げられません。
そしてニエヴェス・ナヴァロに恋してます。
一番好きなマカロニ・ウエスタンは『ドルの両面(Le Due Facce del Dollaro)』。
『バンディドス』も観る度に泣いてしまう程度には大好きです。
posted by 伊西殻 at 00:00| このブログについて

2013年12月12日

【参加】百合同人アンソロジー『梏印の黯き冥宮』

毎度おなじみいつもの感じの百合小説アンソロジー(いつもの具合は過去の告知記事【123】で)にまた参加させて頂きました。
一応、百合合同誌の発行は最後というか一区切りという感じだそうです。
主催者のかわがせさんお疲れ様でした。

今回のテーマは不死百合。

コミックマーケット85、3日目(12/31、火曜日)西ら-38b「ノップマット」(委託)さん、3日目(12/31、火曜日)東ノ-35a「アズリリウム」(委託)さんでの頒布とのことです。
詳しくは以下のリンク先で。

blackbanner200.png
『梏印の黯き冥宮』告知ページ

私は伊西殻名義で「黄金に沈む棺桶」というかなり短めのお話を書かせて頂きました。
タイトルからしてわりとなんかもうそういう感じですが、西部劇というかマカロニウエスタン系のなにかです。
いままで余所様のフィールドでウエスタン系はやめとこう……くらいの自制心はあったわけですが、最後らしいしいいかな、と気が緩んでしまいました。すみません。
モチーフに扱うくらいにしておこうと思ったのに結構マカロニウエスタンやってしまった感じもします。すみません。
ただ、同じマカロニ×百合でもこのサイトでやっているマカロニ百合ウエスタンのシリーズとは少し毛色の違うものが書けて楽しかったです。
自分が違うと思っているだけな気もします。
いやほら……あるじゃないですか……自分の中にだけある基準みたいなのが……。

他の参加者の方の告知ページ、把握出来ているのはこちらとかこちら

安心と信頼のクオリティ実績を持つ百合小説アンソロと思いますので、どうぞよしなに。
posted by 伊西殻 at 00:00| オフライン・告知

2013年11月04日

女子プロ話とか

さっぱり更新ができてませんね。
小説は水面下で書いていたり、でもやっぱり余裕がなくなってきて中断したり……という感じです。
まぁまたもう少し落ち着くのを待ってそのうち。

色々忙しいんですが、最近ついに女子プロレスにハマる兆しが……。いや元々嫌いではなかったんですけど。
今のところ一番気になる団体はセンダイガールズプロレスリングです。仙女!
里村明衣子にだいぶ惹かれてるのもありますし、重鎮VS新星で色々面白い流れになってるっぽいのが。
でも当たり前ながら興行は仙台(や東京)が中心なので観に行けないのが悲しいところですね。
11/3の大阪大会は本当に素晴らしかったです。
どの試合も面白く熱く、最後のハプニングも最高に燃えました。
うーん長々感想書きたいけどちょっと我慢……。
また観たいなー。

現時点で好きな選手が多いもう一つの団体、OZの興行もチケット買ってあるんですが、その頃スケジュールやばい予感もするので一抹の不安があります。
観に行けますように!
posted by 伊西殻 at 00:00| 雑記

2013年10月02日

ジュリアーノ・ジェンマ訃報

ジュリアーノ・ジェンマ氏が亡くなってしまいましたね。
まだ若い75歳、交通事故、車の衝突事故とはなんともやりきれません。

記事としては、イタリア語ですがこのあたりが写真も多く詳しい感じでしょうか。
ニュースサイトなので流れてしまいそうですが……。

マカロニウエスタンのトップスターでありながら、いわゆる“マカロニ的”なものとは少し異なる芸風・魅力の持ち主なので、評価も少々わかれがちなジェンマですが、間違いなくマカロニウエスタンの象徴たる俳優の一人でした。
私もジェンマのファンかと言われると違いますと答えますが、それでもやっぱり、ジェンマとジェンマ作品はかけがえのないものです。

なによりジェンマはマカロニスターの中では若い世代です。
八十代、九十代のマカロニ関係者の訃報を割合頻繁に目にするなか、そういった若い世代のスターたちはまだまだ元気で大丈夫だろうと、なんの根拠もなくぼんやりと頼りにしていた部分があります。
当たり前ですが、そんなわけないんですよね。

『夕陽の用心棒』『南から来た用心棒』などの明るくしたたかで食えないジェンマ、『怒りの荒野』『怒りの用心棒(復讐のダラス)』などの重苦しさを背負ったシリアスなジェンマ、どちらも好きでした。
映画の中ではこれからも見続けることができますが、マカロニウエスタンの歴史の重要な一部であったその人がこのような不慮の事故でいなくなってしまったことは、悲しく寂しい限りです。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2013年08月01日

【参加】百合同人アンソロジー『Triumph wiz my Shawty』

の殺伐百合アンソロ三部作は完結しましたが、同じ主催者さんによるだいたい同じメンツでの百合小説アンソロジーにまたまた参加させて頂きました。
今回は百合バディです。

コミックマーケット84、2日目(8/11/日曜)東プ-37b「篤農ドラゴン」さん、2日目(8/11/日曜)東プ-13b「ノップマット」(委託)さんでの頒布とのことです。
詳しくは以下のリンク先で。

triumph-banner200.png
『Triumph wiz my Shawty』告知ページ

私は伊西殻名義で「孤独の青の爪、それを見る狙撃手の目」という短めの話を書かせて頂きました。
タイトル通り狙撃手ものです。個人的にはバディと言うと狙撃が燃えますね。
狙撃手と観測手というか、狙撃手と狙撃手というか、そういう感じの話です。
ちなみに殺伐百合ではなくてバディ百合なので殺伐はしてません。
一応現代物のつもりなのですが、それでも私が書くと最低15年か20年くらいは時代が遡った感じになる気がします。きっと実際そのくらいなんだと思います。
19世紀と20世紀にばかり生きていて申し訳ありません。

他の参加者のかたの告知ページはこちらくらいしか把握できてません(皆さんツイッターでの告知が多い印象なので)が、今回も一読者としても楽しみなアンソロです。
タグ:同人誌
posted by 伊西殻 at 00:00| オフライン・告知