2015年08月17日

【二日に一本てのひら百合】2015.08.17 外面如菩薩内心如夜叉



 猫のように背中を丸め、だらしなく開いた脚を伸ばし、キセルめかして絵筆を咥えて、女浮世絵師のマサは長屋前の縁台に座る。お天道様がカンカンと焼くひょろりとした両脛を、白い団扇でハタハタ扇ぐ。そこへまだ若い若い町の娘が、吾妻下駄をカラコロ鳴らして駆け寄ってくる。
「ちょいとおマサさんっ。またそンなところでポケぇっとしてっ」
「アァ、うるせぇ、うるせぇ。……」
 マサは娘の顔もろくに見ぬまま、扇ぐ団扇を娘に向ける。追い払うようでもあるし、顔いっぱいに汗をかく娘に風を送ってやっているようでもある。娘の名は清《きよ》という。
「おとっつぁんがこのお天道様みたいにカンカンよ、マサさんがいつまで経っても頼んだ絵を描いてくれやしないってっ」
「このお天道様のおかげで、手持ちの墨がすっかり全部乾いて砕けちまったんだ」
 咥え絵筆をゆらゆら揺らすマサの手から、清が団扇を引ったくる。
「うそばっかりっ。清は知ってるんだから。おマサさんは女に捨てられて腑抜けになって線の一本も引けなくなったのよ」
 清の両目はきりきりと吊り上がり、マサの両目はすぅっと細まる。
「なんでぇ、知ったようなクチを、ききやがる、……」
「フン」
 顔をゆっくり背けるマサの隣に、清はとすんと腰を下ろす。そうして団扇でマサの膝を何度も叩く。
「いい、おマサさん。お前さませっかく腕のおよろしい絵師だっていうのに。たちの悪い女に入れ込むんだからよくない」
 まだほんの小娘である清の口ぶりは、まるで大店の女将さんである。
「ほら、あの、ナンですっけ、……そうそう、外面如菩薩内心如夜叉って言うじゃありません。女はね、もう皆そういうものだと思って、近寄らないことにしたらどうなの」
「外面如菩薩、内心如夜叉、か」
 汗を拭うのかなにを拭うのか、マサは片手のひらで顔をすっかり覆って撫で下ろしながらぼそりと零した。それから清が握る団扇を静かに手元に取り返す。
「ま、ちげぇねぇ」
 口に咥えていた筆をようやく手に持ち替え、墨の乾いた毛先を舐めて、白い団扇の両面にさらさらなにやら描きつける。
「なにをお描きなの」
「遅れの詫び賃だ、おめぇの似顔」
 清は面食らった顔でぱちぱちと瞬きをし、少し照れた様な頬の緩みを吊り上げた眉で隠しながら、その団扇を覗きこむ。
 表には夜叉の顔。裏を返しても夜叉の顔。
「外面如夜叉の、内心如夜叉ってぇところかねぇ」
「チョットっ、コノっ」
「いいじゃあねぇか」
 真赤になって怒鳴る清に、マサは悪びれず謝らず優しい面でうっすら笑う。
「どっから見ても変わらねぇ、筋の通ったイイ女ってことヨ」

タグ:創作 百合
posted by 伊西殻 at 19:58| 【二日に一本てのひら百合】

2015年08月15日

【二日に一本てのひら百合】2015.08.15 ゲリラ豪雨



 すごいよーすごい雨だー。 と、佳奈という女がわめく。困っているようでどこか嬉しそうでもある。
 傘、ほとんど役に立たないよ、これ。 と、七花という女がぼやく。本当にうんざりしている様子である。
 彼女たちは同じ会社の違う部署に勤める同期の仲で、よく同じタイミングで退社し、駅までの道を共にする。裏を返して言うと、それ以外での接触や交流はほとんどない。
「にわか雨? 通り雨? にわか雨と通り雨と夕立ってどう違うの?」
「知らないよ……夕立は取り敢えず夕方に降るやつでしょ」
 雨の中に片手を差し伸ばして問う佳奈に、七花は眉間に皺を刻んで答えながらも、鞄からスマートホンを出して指先でくるくると弄り出す。
「んー……おんなじ? みたい? たぶん。違うような同じなような」
「なにそれー。調べてるの調べてないの」
「調べてるけどよくわかんないんだってば。……あー、通り雨は正式な気象用語とかとは違う? みたい?」
「なんでもいい! ゲリラ豪雨!」
 佳奈が閉じた傘を雨の中に向かって突き刺す。危ないからやめて、と七花が制する。
「で、ゲリラ豪雨っていうのは結局なんなわけ」
 大人しく傘を引っ込めて、佳奈は自分の使った言葉を七花に尋ねる。
「それも一緒なんじゃない? にわか雨のすごいやつ? よくわかんないけど」
「じゃあ今のこれがそうでいいんだよね? 急にバーっ! ってものすごい激しいの」
「短い時間だけのね」
「なんでそれがこのタイミングでくるかなぁ」
 面白いけど困ったね。 と、佳奈がぼやく。
 アンタと帰りが一緒になるとき私はいつもこんな感じだけどね。 と、七花が胸の内だけで思う。

タグ:創作 百合
posted by 伊西殻 at 20:11| 【二日に一本てのひら百合】

2015年08月13日

【二日に一本てのひら百合】2015.08.13 対の猫



 艶やかな黒い猫が居る。後頭部の丸みは品が良く、うなじのくびれと背骨の山がはっきりS字を描くのに、背筋はまっすぐ伸びて見える。前脚は実際まっすぐで、指の膨らみがちょこんと揃う。黒猫らしく毛は細く柔らかで、部屋の灯りの下でつやつやと光る。
 艷やかでない黒い猫も居る。頭は妙に大きく、脚も短くずんぐりしていて、未去勢の雄の成猫ほどではないにせよ顔も潰れたように膨れている。清潔にはしてあるが、毛皮はごわごわしている。
 彼女たちは同じソファに並ぶ。艶やかな猫は脚を伸ばして座り、艷やかでない猫は目を閉じて自分の毛繕いをする。自分の腹を舐め股を舐め腿を舐めて脇腹を噛む。それからごく自然に、すぐ隣りに居る艶やかな猫の背中を舐める。舐めながら身体を起こして、後頭部まで丁寧に清める。
 チャッチャと首輪の金具が鳴るかすかな音がする。
 艶やかな黒猫はじっとそれに身を任せながら、美しいものを見るときの揺らめきを緑の瞳に灯して、艷やかでない猫を見つめている。

タグ:創作 百合
posted by 伊西殻 at 18:53| 【二日に一本てのひら百合】

2015年08月11日

【二日に一本てのひら百合】2015.08.11 見えない行かない花火大会



 八月の浅い夜、天井の向こう、屋上の向こう、空の向こうで鈍く響く重い音がする。ごろごろ、ぼんぼん、どんどん、どれともつかない低い音がする。
「あれって雷?」
 リビングにいるわたしはエラーチェック中のデスクトップパソコンを前にして、焦った気持ちで彼女に聞く。
「さー。花火じゃないの?」
 部屋の隅で寝転がってスマホを弄る彼女が気のない態度で返事をよこす。彼女はパソコンをまったく使わないので、このハラハラ感はぜんぜん伝わらない。
「ちょっと天気予報見てよ」
 エラーチェックは運悪く始まったばかりで、もう後戻りできないのだ、わたしは。
「やだー今手離せない」
 彼女はスマホの画面から顔もあげない。わたしのスマホは充電中で自分の部屋(ほとんどただの寝室)に置いてきている、取りに行くのはめんどうくさい。どっちもどっちだ、知っている。
「どうせねこあつめてるだけなんじゃん! 手離せないようなやつじゃないでしょ」
「今アルバムの厳選してるんだよ、アプリ一瞬でも閉じたらリロードされちゃうもん、集中力きれる」
「もういいよバカ」
 わたしは腹を立てながら諦めて立ち上がる。外を見ても雨は降っていないが雷についてはよくわからないし花火が見えるわけでもないので自分の部屋に戻る。短い短いスマホの充電コードを引っこ抜いて天気予報を見る。注意報の類は出ていない。花火大会の情報……は、どこでどうやって調べればいいのかよくわからなかったので、試しにツイッターを検索してみる。
 花火大会、最寄りの地名、祭、浴衣、などなど。
 いろいろ探ってみると、確かに大きな花火大会があるらしかった。中止という話題も見かけないし、開催されているなら雷が鳴っているということもないだろう。安心してリビングに戻る。彼女は変わらぬ姿勢でスマホを弄っている。
「たぶん花火だった」
 一応彼女に声をかけ、わたしはまだまだ淡々とエラーチェックをしているパソコンの前に座る。
「なんか花火の綺麗なアプリ、いいのないかなー」
 そう言ってスマホの画面を弾く、アルバムの厳選作業は終わったらしい彼女。
「ねえ、それより浴衣着てみたくない?」
 黒背景白文字のモニタを眺めながら、さっき検索で見かけた浴衣カップルの自撮り写真を思い浮かべるわたし。
「やだー暑いしめんどくさい」
 わたしたちは一見して自分のことしか考えてないし、相手の話も聞いてない。
 どっちもどっちだ、知っている。それでも、もう三回目の夏なんだ。

タグ:創作 百合
posted by 伊西殻 at 20:33| 【二日に一本てのひら百合】

【二日に一本てのひら百合】はじめ

だいたい二日に一本のペースで、数百字〜程度のみじかいみじかい百合を書いていくのをしばらくやってみようかなとふと思い立ったので、始めてみる次第です。
ちょっとトレーニングというかチャレンジというかリハビリというか自己治療というか気晴らしというかそんな感じです。
どのくらい続けるかはまったく未定ですが、せめて一ヶ月くらいはやりたいなぁ。
タグ:創作
posted by 伊西殻 at 20:20| 【二日に一本てのひら百合】

2015年05月30日

小説アップ・短編『転生』

http://am7.rojo.jp/novel/short/ten.htm

また久しぶりにお題もらって百合小説。いつもは1200字以内縛りでやってますが今回は字数は制限なしで。
お題は「SNS」。
イラスト特化SNSことpixivが題材です。
posted by 伊西殻 at 08:57| 更新記録

2015年01月13日

小説アップ・掌編『絡む足』

http://am7.rojo.jp/novel/short/kota.htm

また久しぶりにお題もらって1200字のアレ。
お題は「こたつでくつろぐ」。
江戸物です。百合というよりフェティッシュネタかなぁ。

今回も普通に書いててほぼ1200字以内という感じになりました。
もうちょっと字数を削る工程が入るほうがいいかもという気がする。
posted by 伊西殻 at 21:41| 更新記録

2015年01月01日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

2015newY.jpg

去年みたいに文章の年賀画像にしようと思ったんですがちょっと出てこず今年は絵のターンで。
昨年はサイトがぜんぜん動かせませんでしたが、今年は……今年はどうかなぁ。
まぁ相変わらずマイペースにやっていきます。
タグ: 創作
posted by 伊西殻 at 07:00| 雑記

2014年10月07日

マカロニ近況

マカロニの方は、めっきり海外製品が買えてません。
かんっぜんに円安のせいです。
ユーロだけではなくドルまでもう……こんな……手が出ない……。
なので情報収集も怠ってる有り様です。
他のマカロニブログなんかでも目立った情報は見かけないので、あまり面白いそうな新しいブツは出てないのかなという感じですけどね。

国内だと『荒野の用心棒』のBlu-rayが出ますねぇ。
特典やら何やらかなり豪華なようなので、購入予定で予約済みです。
posted by 伊西殻 at 13:01| マカロニウエスタン

2014年06月08日

小説アップ・掌編『彼女の部屋、別れの当日』

http://am7.rojo.jp/novel/short/hikkoshi.htm

かなり久しぶりに小説書きました。
お題もらって1200字以内百合。
お題は「引越し当日」。
マカロニじゃないです。現代物です。

今回は1200字以内に削るの苦労せずに済んだ。

というか更新通知記事内にアドレス載せたほうがやっぱり親切ですね……自分の管理的にも楽な気がするし。
なるべく載せよう。
posted by 伊西殻 at 20:11| 更新記録