2014年10月07日

マカロニ近況

マカロニの方は、めっきり海外製品が買えてません。
かんっぜんに円安のせいです。
ユーロだけではなくドルまでもう……こんな……手が出ない……。
なので情報収集も怠ってる有り様です。
他のマカロニブログなんかでも目立った情報は見かけないので、あまり面白いそうな新しいブツは出てないのかなという感じですけどね。

国内だと『荒野の用心棒』のBlu-rayが出ますねぇ。
特典やら何やらかなり豪華なようなので、購入予定で予約済みです。
posted by 伊西殻 at 13:01| マカロニウエスタン

2014年06月06日

マカロニ・ウエスタン鑑賞メモまとめ7

数は少ないのですがちょっと管理の関係上まとめ。

+++
『J&S さすらいの逃亡者』:ミリアン、ファヤルド、子豚窃盗、葉巻で素性、馬車強盗、スパゲッティ、木の上から首に縄、渡し守の船、牛の乳、「村中の女が後家になる」、娼館、万引き強盗、ルーレット、強盗の規則、写真屋、サングラス、ホテルのパーティ、マシンガン、自爆

『Due volte Giuda』:アントニオ・サバト、キンスキー、ホセ・カルヴォ、死体にたかる禿鷲、酒場の歌姫、ロケット、身繕い、狙撃ライフル組み立て、眼帯、死体を載せた馬車、懐く犬、写真の飾られた墓、デッキ下から撃つ、家族写真、北軍、大筒

『Get Mean』:トニー・アンソニー、馬に引きずられて町に、占い師、ヴァイキングヘルム、世界地図、欧州の城、砂漠、合戦、逆さ吊り、臨終、金鎧の馬、シェイクスピア、礼拝堂、幻覚?、黒塗り、猛牛、生贄、フェンシング、丸焼き、身体に大量のダイナマイト、ダイナマイト弓

『...Y dejaron de llamarle Camposanto』:ガルコ、バーガー、レッセル、ボイド、パッツァフィーニ、松葉杖と双眼鏡、老女強盗?、棺桶屋と手帳、ビンタ、酒場乱闘、食卓、木の上から狙撃、射撃訓練、折り畳みコップ、ナイフ投げ拷問、蜂の巣?
posted at 17:01:30 削除

『Il tempo degli avvoltoi』:ヒルトン、ファヤルド、ウォルフ、馬小屋喧嘩、鞭打ち、夜這い、泡風呂の栓抜く、焼印、ブーツにナイフ、曇天、シェリフバッジを的に、射撃指導、盲目女性、放火、集団撃ち合い、手製ロケットランチャー、鐘撃ち、ブーツに血

『裏切りの荒野』:ネロ、レッセル、キンスキー、カルメン、パンの中に手紙、ダンス、手相、馬車の金強奪、ナイフ格闘、海、闘牛場
posted by 伊西殻 at 17:59| マカロニウエスタン

2013年10月02日

ジュリアーノ・ジェンマ訃報

ジュリアーノ・ジェンマ氏が亡くなってしまいましたね。
まだ若い75歳、交通事故、車の衝突事故とはなんともやりきれません。

記事としては、イタリア語ですがこのあたりが写真も多く詳しい感じでしょうか。
ニュースサイトなので流れてしまいそうですが……。

マカロニウエスタンのトップスターでありながら、いわゆる“マカロニ的”なものとは少し異なる芸風・魅力の持ち主なので、評価も少々わかれがちなジェンマですが、間違いなくマカロニウエスタンの象徴たる俳優の一人でした。
私もジェンマのファンかと言われると違いますと答えますが、それでもやっぱり、ジェンマとジェンマ作品はかけがえのないものです。

なによりジェンマはマカロニスターの中では若い世代です。
八十代、九十代のマカロニ関係者の訃報を割合頻繁に目にするなか、そういった若い世代のスターたちはまだまだ元気で大丈夫だろうと、なんの根拠もなくぼんやりと頼りにしていた部分があります。
当たり前ですが、そんなわけないんですよね。

『夕陽の用心棒』『南から来た用心棒』などの明るくしたたかで食えないジェンマ、『怒りの荒野』『怒りの用心棒(復讐のダラス)』などの重苦しさを背負ったシリアスなジェンマ、どちらも好きでした。
映画の中ではこれからも見続けることができますが、マカロニウエスタンの歴史の重要な一部であったその人がこのような不慮の事故でいなくなってしまったことは、悲しく寂しい限りです。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2013年06月17日

マカロニ・ウエスタン鑑賞メモまとめ6

そんなに溜まってないだろうと思っていたら……というかまとめのまとめをするのがだいぶ久しぶりでした。

あと今更ですがこの一連のメモはほとんど自分用創作メモなので、人が見て役立つ内容にはなってないです、すみません。

メモにないものは『墓標には墓標を』『Giunse Ringo e... fu tempo di massacro』『真昼の一匹狼』『殺し屋がやって来た』辺りかな?

++

『復讐の用心棒』:ウッズ、銃を売る、弾込め、電報屋、ワイン樽、蓄音機、テキーラ、地下貯蔵庫、手を潰された医者、ナイフ糸で下ろして渡す、カード占い、聖書にデリンジャー、首吊死体の目に金貨、水責め拷問、絞殺

『Per una bara piena di dollari』:キンスキー、ベッツ、ミッチェル、ジェフ・キャメロン、オルゴール懐中時計、全焼、黒人召使?、ポーカー、井戸の上に吊るす、弾込め、ギター弾き語り、鐘楼から撃つ

『カリフォルニア〜ジェンマの復讐の用心棒』:ジェンマ、バーガー、レッセル、雨、南北軍、週50セント、トライアングル、配給、猫、林、別れ道、蛙取り、キャンプ、廃酒場、勲章、一家三人、農場を手伝う、馬小屋格闘、瓦礫、服交換入れ替わり、手錠

『Django Against Sartana』(ジャンゴ対サルタナ):トニー・ケンドール、トーレス、テオドロ・コラ、ボイド、赤ポンチョ、拳闘、緑花シャツ、銀行、埋葬、メキシコ酒場、鼠、鹿の角、馬に踏まれて死ぬ

『Il suo nome gridava vendetta』(彼の名は復讐を叫ぶ):ステファン、バーガー、イヴリン、北軍、戦火、少年集団、馬で牽引、林、落ちる人参、犬、松葉杖、馬車放火脱出、橋、川での喧嘩、腕相撲、後ろ手撃ち、馬水桶

『さすらいのガンマン』:サンブレル、マキャベリ、先住民、頭皮剥ぎ、酒場踊り子、銃を預ける、風船割り、線路に丸太、列車襲撃、花、列車奇襲、医者が口封じ、埋葬、ボトル割って飲む、鞭打ち、逆さ吊り、色仕掛け、鏡撃ち、ハチェット

『Boot Hill』:ヒル、スペンサー、ストロード、ライオネル・スタンダー、サイコロ賭博、ダンス、ポーカー、サーカス、占い水晶球、逆立ち、古い銃?、黒馬四頭引き、ダイナマイト、鶏、乱闘

『新・脱獄の用心棒』:ネロ、ウォラック、コマ送りOP、自動車、偽牧師、ユマ刑務所、バス、水道、身体の動かない保安官、ロシア公爵、ロザリオ、電気拷問、薬局?、井戸に睡眠薬、記者、テキーラの飲み方、尻に地図、サイドカー、心の声、死者の日の祭、魔除け爆弾、戦車?、着火

『赤い砂の決闘』:ハリソン、馬車で街中暴走、左撃ち、岩場の銃撃戦、フレンチカンカン、ポーカー、床屋、ギター弾き語り、酒場乱闘、落鉄、蹄鉄で犯人探し、厩格闘、下手なフリ、男装

『Blood River』(Dio perdona... Io no!/神は許せど、俺は許さず):ヒル、スペンサー、ウォルフ、皆殺し列車、ポーカー、炎上屋内の決闘、入浴、黒人楽団、派手な葬式、逆さ吊り罠、保険会社、エル・パソの銀行、井戸拷問、焼印拷問、長い導火線

『黄金の棺』:ジョゼフ・コットン、サンブレル、北軍、偽未亡人、馬車で川、川辺の襲撃、ヤモリのバッジ、棺桶にカネ、移送許可証、キャンプ、ポーカー、水浴び、盲人、写真、山賊連行、軍砦、絞首刑、マーシャル法、砦に埋葬、雷雨、インディアン、浮浪者

『Bad Man's River』(無頼プロフェッショナル):クリーフ、ガルコ、ファヤルド、サンブレル、金庫、発破、社交ダンス、精神病院、拘束具、ゴーグル、メキシコ軍?砦、客船、帽子取替え、樽転がり撃ち、機関銃、砲撃、望遠鏡、車、軍人なりすまし、暗闇で機関銃

『Django and Sartana... Showdown in the West』:ハント・パワーズ、ゴードン・ミッチェル、鏡一人ポーカー、フリンジの上着、鉱山、蛙、ポーカー、二挺ライフル遊び、磔で的、接いだ鏡、指笛で来る馬

『W Django!』(復讐のガンマン・ジャンゴ):ステファン、殺される女とオルゴール、小さいダイナマイト、連行、裸婦画、修道士変装、袖の中に銃、死体二人羽織、不発樽爆弾、保安官事務所、ベッド牽引、手のフェイク、自動車、不発ライフル、車輪にダイナマイト

『Mátalo!』:ルー・カステル、首吊り処刑救出、音楽良、寡婦、皆殺し×2、墓場、水浴び、ブランコ、弾箱落とす、放火、乱痴気騒ぎ、ブーメラン、ブランコナイフ拷問、鎖、馬に踏みつけられる

『The Moment to Kill』:ヒルトン、Wバーンズ、Hフランク、砂漠、井戸、柄杓、床屋、南軍の上着内側に弾薬、食肉貯蔵庫に逆さ吊り、ランプ、本棚、ライフル背後撃ち、連行、車椅子の女性、手紙書かせる、チェンバロ、貯蔵庫戦、棚に閉じ込めて撃つ、拍車喉に刺す

『4 Dollars of Revenge』:ウッズ、北軍行軍、サーベル、馬車の罠、メキシコ山賊、舞踏会、軍の裁判、懲役、落ちてくる岩、マッチで顔見せる、フリンジ付きの上着、低い滝、サーベル決闘

『拳銃のバラード』:馬車強盗、壁のサーベル抜いて投擲、燭台で腕試し、保安官事務所、二時に開く金庫、銀行強盗、トウモロコシ、弾摘出、爆発屋、ピタゴラトロッコ、酒場乱闘、レジで計算、銃型ペンダント、リンチ、女に荷仕込む、弾数数える、車輪に串刺し、家乗っ取り、放火

『ロイ・コルト&ウィンチェスター・ジャック』:サウスウッド、マリル・トロ、酒場、インディアン娘、暖炉、脅されて風呂、ロザリオに勘定付け、壁落ちる、保安官就任&演説、手紙代筆、銃でダイナマイト着火、洞窟、ロシア、娼館、海辺で殴り合い、口笛で来る馬、ドクロの目から見る

『続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ!』:ミリアン、オブライエン、磔の兵士、懐中時計スる、隠し短刀、フランス人、パンナイフ、墓を掘る女、救世軍、風車に磔拷問、キャットファイト、吊し上げ×2、ダイナマイト口に、雪景色、新聞社、脱獄、金の印刷機、引き回し

『La vita,a volte,è molto dura,vero Provvidenza?』:ミリアン、ポリ、改造馬車、瓶の中に鋸、魚死ぬ、留置場とフライパン、テスト、縄抜け、手錠、偽札、酒場乱闘、服屋、中国人、ビリヤード、建築現場、パイ投げ装置、鐘から金

『Un treno per Durango』(白昼の大列車強盗団):ステファン、サレルノ、ダモン、ボダロ、線路、列車、シガーケース、馬車から手榴弾投擲、自動車、コッキング音で起きる、生き埋め拷問、ジャンゴマシンガン、双眼鏡、大砲、眼帯、銃の回し確認、金庫、メキシコ軍、四連デリンジャー
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2012年12月25日

ブログ過去記事更新

というかなんというか、出演情報を二作品ほど追加しています。

【マカロニ役者話】ジェラルド・ハーター(Gérard Herter)

そろそろ記事が古いので改めてまとめ直したいところではあるのですがー。


あとやっぱり『ドルの両面』のこともまとめたいんですけどね……。

98-1.jpg
フランスの「Star Cine Bravoure」という雑誌の、『ドルの両面』の全編roman-photo(フォトコミック)が載っている号を手に入れたので、その辺の紹介などしたいなぁ。
この雑誌ではタイトルが『COUP contre COUP』になっていたり、登場人物の名前が全部違ったりしていて、なかなかおもしろいです。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2012年09月04日

マカロニ・ウエスタン鑑賞メモまとめ5

そんなに溜まってないだろうと思っていたら意外と溜まっていた。

メモにないものは『地獄のガンマン』『明日なき夕陽』『荒野の復讐』『荒野の掟』『Per una bara piena di dollari』辺りでしょうか。
++
『傷だらけの用心棒』:セピアOP、後ろ手拘束、縛り首、寡婦、昔の写真、黒手袋、左利き、酒場、保安官事務所、レモン入り足浴、〆た兎、食卓、びっくり箱、馬逃がす、ルーレット、葬式、一対四

『Lo chiamavano Tresette... giocava sempre col morto』:ヒルトン、ポリ、酒場乱闘、オルゴールガトリング、女性に髭、萎れるサボテン、薬売り馬車、修道院、鼠捕り、テニス、格子にペンキ、仮装パーティー、金庫破り、パイ投げ

『ガンマン無頼/地獄人別帖』:レナード・マン、眼鏡キンスキー、インディアン、新聞記者、火矢、頭皮剥ぎ、タールと羽毛、付け髭、手術、修道士変装、歯の治療、地面磔火責め、各人種女性、女鞭打ち、泡風呂、燃える屋敷

『アヴェ・マリアのガンマン』:レナード・マン、ルッリ、死んだフリ、焼いた肉、傷の手当、ポンチョにナイフ投げ、鳥、凱旋の宴襲撃、舞踏会、メキシコ祭り、睾丸切除、燃える屋敷

『Zanna Bianca』(白い牙):ネロ、ポリ、罠にかかるシェパード、客船、シスター、剥がした看板で殴る、歌姫、シャンパン、カヌー、闘犬、熊対犬、消火器、電報、酒場暴動、橋爆破

『怒りの用心棒』:ジェンマ、大統領、首吊り囮、乾杯中に刺す、列車書斎、死んだフリ、鉄道橋、保安官助手、星条旗衣装、狙撃、マッチで生死確認、車椅子、首吊り尋問、葉巻目印決闘、松葉杖銃、偽札束、ダイナマイト狙撃

『荒野の墓標』:ピーター・リー・ローレンス、ルッリ、マリア・クアドラ、血塗れで白馬、投げ縄、首縄固定、義手フック、コルト装填アップ、拳銃指導、釘付き腕相撲、歌良い、馬車強盗、宴、井戸の上に吊り、髑髏死神

『Il West ti va stretto,amico...è arrivato Alleluja』(続・荒野の無頼漢):ヒルトン、オーストリア軍、利尿剤、タイプライター、ロケット弾、催眠煙、スコットランド、床屋、絡まる手綱、オウム、質屋、サイレンサー、ゴルフ、棒高跳び、バグパイプ

『Il tredicesimo e sempre Giuda』:ドナルド・オブライエン、ポリ、宴会、馬車の死体、トランプ、爆発する薪、首吊り死体、家捜し、蓄音機、洞窟の髑髏、爆破、南軍殺し、毒殺、野宿、放火、記念写真

『スペシャリスト』:泥、命を買う、銃所持禁止、落ちて逆さ吊り、手品師、トランプ破る、入浴、隻腕、浮浪児四人組、紙幣の地図、防弾チョッキ、拍車で鎖外す、上着で鍵を取る、記録係

『荒野の一つ星』:ジェンマ、パッツァフィーニ、酒場祝賀会、保安官、金塊、保安官代理、改造幌馬車対山賊、薬莢が帽子に、ダイナマイト、新聞、偽証、留置所に銃、牧師、姪っ子、烙印偽装、縄トラップ、ポーカー、空撃ち

『帰って来たガンマン』:マキャベリ、北軍、カードで囮決め、有刺鉄線檻、刑務所所持品返還、朽ちた家、タトゥ切り取り、サイコロ賭博、二階の窓、待ち伏せ・火・大量の馬、子供に手紙、酒場銃撃戦、牧場の祭、馬車の下からダイナマイト、蝋燭フェイント、帽子で消灯、暗闇戦、暴発囮

『Arriva Durango...paga o muori』:ブラッド・ハリス、ホセ・トーレス、井戸、メキシコ人酒場、ジーンズの娘、酒場乱闘、駅馬車、鞄から出したパン、洞窟、介抱、牢屋、蛇、葬式馬車

『Kill the Poker Player』:ウッズ、ナヴァロ、銀行強盗、サイレンサー、キャンプ、蛇、サーベル、人質、蛇の毒、天井の蛇、ポーカー、床屋、机漁り、首吊り死体、死んだふり、川辺

『虹に立つガンマン』:伝染病のフリ、窓から侵入、ユマ刑務所、鞭、口笛で馬、絞首刑、テキーラとウイスキー、肖像画、子供、メキシコ結婚式偽装、白スーツ、ピーナツ、酒場乱闘、鴨、擬似軍隊、医者、時計銃、吊り橋、砂漠、縛って野宿、水筒、馬車、北軍、発破仕掛け、酒で着火

『Shango, la pistola infallibile』(シャンゴ、狙いを違わぬガンマン):ステファン、ポリ、ジョルジェリ、エドゥアルド・ファヤルド、吊られた檻、電報、少年、南軍、北軍、ボーラ?、火のついた荷車、帽子を上げる、袋の中からナイフと銃、女生き埋め周囲に火、メキシコ祭り

『Ognuno per sé』(サム・クーパーの黄金):ヴァン・ヘフリン、ローランド、ヒルトン、キンスキー、ボイド、坑道、砂漠、枯れポンプ、銀行、宿帳盗み見、サウナ、酒で地図、雨傘、地面の葉巻、銃の交換?、サングラス、錠剤、キャンプ、採掘、保安官バッジ、発破、銃から弾抜く

『ウエスタン』:銃で蝿、手錠と酒、列車の書斎、汲みたての水、洗濯屋、列車の窓、ブーツに銃、土地競売、風呂、コーヒー、首吊り肩車

『ガンクレイジー』:ミリアン、ユマの刑務所、囚人移送、手錠、足の間に銃、預金、鏡に撃つ、吊るした食器撃ち、オイル、外にベッド、足に投げ縄

『さすらいのデスペラード』:ジョルダーナ、ルッリ、縛り首、聖書に銃、南軍、耳に火、足でピアノ、ナイフ投げ合い、軍の棺、泥まみれリンチ、酒場乱闘、後ろから銃奪う、鉄道株、背中合わせ決闘提案

『ミスター・ノーボディ2』:テレンス・ヒル、キンスキー、引っ掛る上着、弓矢、目覚し懐中時計、銃口から砂、ポーカー、蛇口撃つ、線路、地面に耳、馬車襲撃、付け髭、椅子に金粉、トランプマジック、ハードル、帽子で集金、追いかけっこ、鉱山爆破

『Sartana non perdona』(サルタナは許さない):ジョージ・マーティン、ローランド、ジャック・イーラム、回想と音楽、決闘、教会ミサ、決闘前弾込め、葉巻撃つ、挑発合戦、ベストに的、額に的、ホルスターから銃飛ばす、長い導火線、ロシアン決闘、マッチで合図、空砲

『二匹の流れ星』:ガルコ(ハドソン)、カマソ、サンチョ、海辺、懸賞額貼替、ドア破る、肩にホルスター、ポスター刷り、隙間から顔型に撃つ、ポーカー、写真屋、足、帽子屋、保安官バッジ4つ、谷爆破、駅馬車、金塊、生き埋め、サソリ、賭け爺さん、樽撃ち

『A Bullet for Sandoval』:ヒルトン、ボーグナイン、死体漁り、南軍、野宿、赤ん坊、雨、ミルク、埋葬、グラス、ナイフ格闘、闘牛、闘牛場包囲

『Giù la testa... hombre』:神父キンスキー、野宿襲撃、鞍袋でテーブル払う、スタッドポーカー、蹄鉄投げ、酒場乱闘、ビール、林檎、人形、枝隠れ、手斧

『七人の特命隊』:ウォルフ、南軍、車輪掴む、金貨束ダイナマイト、川渡し、腕相撲、放火、トロッコで火薬庫爆破、強制労働、鉄の箱、乱闘、川の中、鐘落とす
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2012年03月10日

『マカロニ・ウエスタン銃器「熱中」講座』索引

蔵臼金助氏の『マカロニ・ウエスタン銃器「熱中」講座』の索引を作成しました。
自分が資料として使う際にあると便利だと思って作ったものですが、せっかくなので公開しておきます(蔵臼さんに許可は頂いております)。

HTML版

Excel版(xlsファイルに直接リンク)

作っている最中ですらぼろぼろミスしまくっていたので、間違いは結構あると思います。各自どうにかしてください。報告頂けると修正します。
(※2012/3/13 一部タイトルの誤変換修正)
基本的に映画タイトル、TVドラマタイトルに限定して、書籍タイトルは反映されていません。
原題で紹介されていたものは、通称的な邦題をこちらで付け加えたものもあったような。
あと本気で蔵臼さんのダジャレに使われているだけのタイトルは確か省いた気がします。不満な人は自分で付け加えてください。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2012年03月02日

マカロニ・ウエスタン鑑賞メモまとめ4

また結構たまってた……今さらジェラルド・ハーターの出演作品が入っていることになんだか笑ってしまいます。

メモにないものは『虐殺砦の群盗』『Vengeance』『オニオン流れ者』辺り。
++
『I Am Sartana, Trade Your Guns for a Coffin』(サルタナがやって来た...貴様の拳銃と棺桶を交換だ) :ヒルトン、ナプキン、茹卵、地中から、水筒消火、足の指、パン越し、ショットグラスゲーム、偽ダイナマイト、風呂、ブーツ越し、向日葵、日傘、時計で金庫破り、札束・タイ撃ち飛ばし合い

『Have a Good Funeral, My Friend... Sartana Will Pay』(友よ、良い葬式を...サルタナが支払う):ガルコ、レッセル、札束を火に、中国人、鏡付き懐中時計、偽装葉巻、丸太、坑道爆破、カードで蝋燭、床屋、カウンター裏、本に飛び出し式銃、狙撃着火、焦げ目で気づく

『Sartana: Angel of Death(I'm Sartana, Your Angel of Death)』(俺はサルタナ、お前たちの墓掘り人だ):ガルコ、キンスキー、ウォルフ、マネキンOP、銀行で懸賞金、逆上がり、投げ縄でライフル、草むら、ポーカー、トランプマジック、ダーツ、ルーレット、車輪にダイナマイト、スロット、自動演奏オルガン、逆さ吊り、覗き穴

『If You Meet Sartana Pray for Your Death』(サルタナに逢ったらお前の死を祈れ):ガルコ、バーガー、キンスキー、サンチョ、馬車狙撃、オルゴール懐中時計、ガトリングガン、葬式馬車、ポーカー、床屋、ベル塞ぐ、壁のナイフで死、椅子罠、拍車外す、棺桶に金、砂金が落ちたら

『Blood at Sundown』(砂塵に血を吐け):ステファン、ガルコ、ブーツ脱がせる、血文字、母親、ネックレス、屋根の上でライフル、乱闘、松明、馬で連行、放火、判事追い詰め、馬に死体

『風来坊II/ザ・アウトロー』:ヒル、スペンサー、レッセル、野宿調理、三人で喧嘩、酒に焼けナイフ、ポーカー、レッセル、フランス料理、煙草撃つ×2、リボンタイ解く、酒場乱闘、駅馬車乗車券売り場、修道院、懺悔、時計の針戻す、ラグビー、立ち往生

『Die Goldsucher von Arkansas』:ホルスト・フランク、ヨゼフ・エッガー、インディアン、金、酒で説明、地図、足跡、採掘現場、火矢襲撃、オルガン、川面に火、酒場襲撃

『The Price of Death』(死の商人):ガルコ、キンスキー、襲われた娘、女主人、酒場強盗、柔道、裁判、ダーツ、棺桶屋、酒場で銃預ける、ブーツのサイズ?、川辺の喧嘩、像で殴る

『Sartana in the Valley of Death』(死の谷のサルタナ):バーガー、レッセル、賞金額書き換え、馬に飛び降り、馬で包囲、留置所、オルゴール人形、帽子の下に銃、ワイン、拘束ダイナマイト、野宿夜襲、咳、紙巻煙草、行き倒れ、風呂、ギター弾きの女、サソリ、テーマ曲良

『Sentenza di morte』:サレルノ、ミリアン、砂漠、馬脱走、馬で扉破り、倉庫戦、井戸の墓、ポーカー、喉、瓶蝋燭立て、ミルク、縄捕獲、摘出弾使用、金フェチ、石と死体、墓掘り、墓の中

『DJANGO's RACHE(La più grande rapina del west)』(荒野の金貨):ヒルトン、ウォルター・バーンズ、修道士、馬車放火、像の中に金貨、手書きの張紙、酒場喧嘩、留置所脱出→戻る、電報屋、シェパード、縄捕獲、鐘首吊り放置、逆上がり、キャットファイト、ダイナマイト、金貨シャワー

『無宿のプロガンマン』:ステファン、フランク・ウォルフ、腕相撲、偽ダイナマイト、銀行、保安官なりすまし、耳撃つ、床屋、柵作り、賞品のライフル、検視の結果、牧場襲撃、松明放火、虹

『Fasthand - Zieh oder stirb!』:バーガー、北軍南軍、インク飲ませる、拍車の音足元、両手潰す、銀行、焼きごて、改造ライフル、棺桶の中に金貨、ピッチフォークで首、右手固定銃

『風来坊/花と夕日とライフルと…』:テレンス・ヒル、スペンサー、豆料理、弾摘出、ニンジン、乱闘、水浴び、格闘指導、馬、焼印

『ケオマ・ザ・リベンジャー』:ネロ、バーガー、妊婦、伝染病、ライフル弾抜かせる、死体のフリ、4セント、弓矢、二頭乗り、車輪磔、雷雨

『ザ・ビースト』:キンスキー、川で洗濯、ポーカーイカサマ、煙草入れ、長パイプ

『復讐無頼 狼たちの荒野』:ミリアン、オーソン・ウェルズ、車、牢獄、目隠し拒否、「メキシコは好き?」、揺り籠、ダイナマイトで錠破壊、手紙代筆、拇印、祭、闘鶏、馬車の下、鞭打、爆弾投下、手術

『暁の用心棒』:トニー・アンソニー、勝手に酒飲む、黒覆面、機関銃、軍人皆殺し、金貨一枚、石落として確かめる、鶏トラップ、鞭、金水に沈める、水平二連、床下、トロッコ

『魔境のガン・ファイター』:ジェンマ、バーガー、インディアン、オルゴール懐中時計、底なし沼、拍車外す、二人乗り裏切り、ブーツ脱がす、宙吊り

『El Rocho』(必殺のプロガンマン):ハリソン、ナヴァロ、レッセル、弓矢奇襲、馬車荷台、薬売り、矢予告、樽爆弾、酒場で似顔絵、サイレンサー、マスクの男、トロッコに死体、祭、花火戦、字だけの手配書

『Gatling Gun』(脱獄の用心棒):ロバート・ウッズ、ハーター、ガトリングガン、風呂沈めて殺す、オルゴール懐中時計、歯医者、地図、喧嘩、馬引きずり、木に引っ掛けて止まる、墓場戦、闘牛、屋根の上の見張り、吹き矢、手袋の中に鉄板、変装

『God's Gun』:クリーフ、パランス、人形劇、蹄鉄輪投げ、寝込みに銃奪う、撃ち尽くす、ポーカーイカサマ、花束に銃、人形、空中の銃撃つ

『荒野の無頼漢』:ヒルトン、ミシンガン、肩から背後撃ち、馬車漁り、修道院、コルク抜きで弾摘出、鞄に蹄鉄、シスター、武器拍車、サソリ拷問、鐘に逆さ吊り、ロシア人、水責め、コサックダンス、中国式洗濯屋、馬車の車軸、宝石

『Captain Apache』(地獄のアパッチ):クリーフ、給仕、盲目のフリ、火炎瓶、棺桶潜む、導火線チキンレース、幻覚、双子、列車

『Any Gun Can Play』(黄金の三悪人):ヒルトン、バーンズ、ギルバート・ローランド、棺桶に手配書、列車襲撃、一桁書き加え、小人、飲み物こぼして映す、市場、風呂屋乱闘、撃った数数える、金貨シャワー

『ジョニー・ハムレット』:アンドレア・ジョルダーナ、ホルスト・フランク、壊れたブーツ縛る、墓地、銃口を持たせる、2対2、瓶撃ち、踊り場床抜き、磔、掌で葉巻消す、岩場撃ち合い、銃と手紐で固定、金粉でジャムる
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2011年12月28日

【マカロニ役者話】ジェラルド・ハーター(Gérard Herter)

・2013/2/28 全面改稿・経歴情報等追加
いい加減記事が古くなったので書き直しました。
・2013/5/3 少々追記


マカロニウエスタンはだいたい皆観ているだけでテンションが上がるような味のある良い役者揃いだと思うのですが、やはり特別にファンである俳優もいます。
ニエヴェス・ナヴァロなどの女優陣は別枠として、今のところ好きな俳優といえばモーリス・ポリ、ジャンニ・ガルコ、ジョージ・ヒルトン、ウィリアム・バーガー、トーマス・ミリアン……等々でしょうか。
名前を挙げていくと他にもあの俳優もこの俳優もと本当にキリがなくなるので苦手なほどです。

そんななか私が一番好きなマカロニ俳優として迷いなく挙げるのが、ジェラルド・ハーターです。
正直に言って有名な俳優ではありません。マカロニファンなら知っているでしょうが、たとえばリー・ヴァン・クリーフなどとは人気も知名度も比ぶべくもありません。
日本語で名前を検索したところで、顔写真らしい顔写真も引っかかってきません(これは大半のマカロニ俳優に当てはまるような気もしますが)。
情報も目立つところでは海外のWikipediaのページが少々と、あとは出演作品リスト程度ですので、その辺りを含めてまとめてみたいと思います。
ちなみにネット上のジェラルド・ハーターに関する記述の少なさへの鬱憤から書いているようなものなので長いです。
いつかはもう少し読む人のことも考えた簡素なまとめ記事も書くかもしれません。


ジェラルド・ハーター
GH.jpg
Gérard Herter、Gerard Herter/Gerhard Haerter/Gerard Haerther/Gerald Herter/Gerhard Herter等の表記も。
 日本語だとジェラルド・ヘルター、ジェラード・ハーター等の表記揺れが散見できます)
1928年6月20日ドイツ・ハンブルク生まれの男優で、マカロニウエスタンには八本出演しています。ほぼすべての作品で悪役を演じている悪役俳優です。
(5/3追記:近頃なぜか急に各国Wikipediaのページが書き換わり、1920年ドイツ・シュトゥットガルト生まれ、2007年ミュンヘンにて没、ということになっています。謎です)
ならず者の多いマカロニウエスタンにおいて、いい身なりをした貴族的な金持ち系や、士官将校などある程度位の高い軍人系を得意としています。
青い目にいかにもなゲルマン系の風貌で、背はあまり高くありませんが、中肉中背の体格がかえってそういった役柄に合っているのだと思います。
ハイソな悪役を演じさせたら、彼に並ぶのはインテリ貴族風のフランコ・レッセルくらいでしょう。今のところ私はそういう認識でおります。
先述したような地位や気品を伴う立場の、非道かつある程度底の知れた(カリスマ性のある巨悪などではない)悪役が彼の真骨頂です。
私は彼のその得意分野のはっきりとした、安定した悪役ぶりが大変に好きなわけです。

ハーターが出演しているマカロニウエスタンは以下。

1964
アラモ砦への道La strada per Fort Alamo)』

1966
復讐のガンマン(La Resa dei conti/The Big Gundown)』

1967
黄金の三悪人(Vado... l'ammazzo e torno/Any Gun Can Play)』
黄金無頼Professionisti per un massacro)』
ドルの両面Le due facce del dollaro/Poker d'as pour Django/Two Faces of the Dollar/Stinkende Dollar)』

1968
地獄へ逆戻りUno di piu all'inferno)』
脱獄の用心棒(Quel caldo maledetto giorno di fuoco/Gatling Gun)』

1970
大西部無頼列伝(Indio Black, sai che ti dico: Sei un gran figlio di.../Adios, Sabata)』

この他にマカロニウエスタンに出演している情報は今のところ得られていません。
一番有名な彼のキャラクターは確実に『復讐のガンマン』の男爵でしょう。
ジェラルド・ハーターの名前が出されるときには、だいたい「『復讐のガンマン』であの男爵を演じた」といった注釈がつくイメージがあります。
軍服のような飛行服のような服装にマント、手袋、独自の早抜用ガンベルト、そしてモノクルを身につけたスタイルで、リー・ヴァン・クリーフ扮するコーベットとの決闘を演じたシュルンベルグ男爵のインパクトは強烈かつ絶大です。
悪役というよりは敵役という風情ですので、悪役としてのハーターのファンである私の評価順位は相対的に下がってしまうのですが、しかし大変素晴らしいキャラクターであるのは間違いありません。
そもそも『復讐のガンマン』の決闘シーンそのものが、マカロニウエスタン屈指の名決闘のひとつですし。

メインとなる悪役は『黄金無頼』の資金横領&軍や一家皆殺しのロイド少佐、『地獄へ逆戻り』の幼稚で残虐な狙撃遊びに興じるアーネスト・ウォードがまず挙がります。
マカロニウエスタンでは最後の作品となる『大西部無頼列伝』でも、これまでの役の集大成のような悪役将校、オーストリアのスキメル大佐を演じています。
なにせモノクルを嵌め、丸腰のメキシコ人を撃ち殺して遊び、軍の資金を横領する貴族趣味な将校ですから、もはやセルフパロディにも近いといえるでしょう。
ドルの両面』ではなんと準主役というか、三人の主役のうちの一人(悪党ではありますが)ブラックグレイブ元大佐を貫禄たっぷりに演じています。
アラモ砦への道』『黄金の三悪人』『脱獄の用心棒』に関しては、それぞれチョイ役かあまり出番や見せ場のない悪役で、いまひとつぱっとしません。
ちなみに日本語版のDVDが存在しているのは現時点では『復讐のガンマン』『黄金無頼』『大西部無頼列伝』の三本のみです。

(私がとにかく愛してやまない作品である『ドルの両面』は、長らく行方不明だったマスターフィルムが先頃ついに見つかったとのことなのですが……リリースはやはり厳しいでしょうか。
 ハーターが出演していることを抜きにしても大変好みの作品で、というか実際にファンも結構多いと思われる傑作マカロニウエスタンですので、ぜひともリリースされて欲しいものですが、日本劇場未公開・テレビ未放映では一層辛いかもしれません。
 現状ではDVDはエンディングが少しカット(二十秒程度ですが余韻に結構影響があります)されたフランス版(『Poker d'as pour Django』)しかありませんので、せめてノーカット版がいつかどこかから出てくれると嬉しいのですが。
 『ドルの両面』は思い入れが強いので単独記事を書きたい気はするものの、なかなか手を付けられずにいます)


ジェラルド・ハーターは1959年にリカルド・フレーダ監督、マリオ・バーヴァも関わっているホラー映画『カルティキ/悪魔の人喰い生物』でデビュー。
映画への出演は1972年のルキノ・ヴィスコンティ監督『ルートヴィヒ』が最後のようです。
引退したともなにともわかりません。
ネット上にあるデータの類も、この消息不明っぷりでは正直きちんと実情が把握反映されているのか少々あやしいところです。
(ところでネット上の情報では上述の通りデビュー作は『カルティキ』と記されているのですが、各映画の情報を見ていると『カルティキ』よりも『快傑白魔』のほうが製作や公開は先では?と思われる部分もあり、この辺りよくわかりません。ご存知のかたは教えてください)

出演作品以外の彼の経歴は本当に不明なのですが、映画デビュー前はどうやら舞台俳優だった……?という記述を見かけたことはあります。
詳細も信憑性の程度もまったくわかりませんが、デビュー作が『カルティキ』にしろ『快傑白魔』にしろ大きい役ですので、それ以前から役者をやっていたと考えるのが確かに自然な気はします。
また、これも本当に曖昧で不確定なよくわからない情報なので私も頭を抱えているのですが、もしかすると絵画や写真などの芸術活動もやっていたのかもしれません。
それからなんと女優のアニタ・エクバーグとダンスをしている写真が残っていたりもします。
1958年、ローマのレストランRugantinoでのパーティーだそうですが……。


ハーターに関してなんらかの情報をお持ちの方は教えて頂けると私が大変喜びます。
出演作品データはこちらを参照(IMDb)。
ここにあるものに関してはすべて観ましたが、それ以外に出演作があるかどうかはさすがに把握しようがないので……もしも他で見かけたことがあればこれも是非教えて下さい。
なお、IMDbのリストにない作品で見つけているものは現在二本。

1961
Viva l'Italia!
(ロベルト・ロッセリーニ監督の作品です。
 情報をフランスのデータベースで見つけて確認したところ、ちゃんと出演していました。クレジットにも名前があります。
 フランス人ジャーナリストと思しき女性と一緒にいる、やはりジャーナリスト?役のようです。英語を話す設定らしいのですが彼がどこの人間なのかはよくわかりません。セリフは一言ある程度です。
 軍人も貴族も山ほど出ている映画なのですが、その状況でこのひとが一般人の役というのも珍しいですね。)

1966
続・黄金の七人 レインボー作戦/Il grande colpo dei sette uomini d'oro/Seven Golden Men Strike Again!』
(セリフもクレジットもありませんが、潜水艦に搭乗しているアメリカ海軍の大尉が彼と思われます。
 ちなみにこの映画、モーリス・ポリ、ジャック・エルラン、ジェラルド・ハーターと『ドルの両面』の主役三人が揃って出演しています。ポリ以外はちょい役ですし、絡みもまったくありませんが。)

です。


マカロニ・ウエスタン以外ではマカロニ・コンバットなど戦争映画に多く出演しています。
とにかく将校役です。
確認済みの出演作品36本のうち、

1959
戦争・はだかの兵隊La grande guerra)』
1960
五人の札つき娘5 Branded Women)』
全艦船を撃沈せよSotto dieci bandiere)』
1961
Then There Were Three
1962
Il cambio della guardia
I due colonnelli
1963
地上最笑の作戦Il giorno più corto)』
1966
続・黄金の七人 レインボー作戦(Il grande colpo dei sette uomini d'oro/Seven Golden Men Strike Again!)』
1968
コマンド戦略(The Devil's Brigade)』
1969
ドイツ戦車軍団撃滅作戦Quella dannata pattuglia)』
砂漠の戦場 エル・アラメンLa battaglia di El Alamein)』
黄色い戦場Fräulein Doktor)』
激戦地(特攻ノルマンディー/Battle of the Commandos/La legione dei dannati)』
1970
最後の戦塵(El último día de la guerra/the Last Day of the War)』
要塞(Hornets' Nest)』

の15本で、判で押したようにドイツ軍人(一部オーストリアやアメリカ)を演じています。
ゲルマン系士官をやるために生まれてきたよう外見ですので当然の成り行きなのでしょう。
悪役というか、(物語上)観客の感情移入が想定されていない側の軍人、というポジションが大半ですね。冷徹で融通のきかないドイツ将校がパターンでしょう。
全体的に出番は多くなく、端役の域を出ないものが大半ですが、『最後の戦塵』では主要キャストの一人として、敵側の主役級ともいえる活躍を見せてくれています。
また、初期作の『戦争・はだかの兵隊』が評価されたというような記述があり、確かに出番は終盤でようやく出てくる程度であるものの、映画のラストに影響する重要で印象的な役どころだと思います。
しかし戦争物でのハーターも大変安定かつハマり役で素晴らしいのですが、面白みがあるかというと、まぁそんなにありません。
やはりジェラルド・ハーターにはもっともっとマカロニウエスタンに出演して、いかにもマカロニ的なインパクトや存在感のある悪役・悪党をよりたくさん演じて欲しかったと、心から思います。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2011年11月20日

マカロニ・ウエスタン鑑賞メモまとめ3

時々まとめておくと自分が便利。

タイトルが日本語以外の物は日本語がない状態で観たものです。日本語版が(取り敢えずは)存在しないのです。
まぁ訳がなくても、わからなければわからないなりにわかるのが、マカロニウエスタン等この手の娯楽作品のいいところで。

メモにはないけど『嵐を呼ぶプロファイター』も観てます。ステファン作品。

+++
『Poker d'as pour Django(Le due facce del dollaro)』(ドルの両面):ハーター、試し撃ち、銃器店、導火線撃って阻止、修道士変装、聖書の中に銃、北軍、馬車、銃組み立て、決闘、留置所脱走、地下、砂井戸、銃集めて井戸に捨てる、砂金と川

『La strada per Fort Alamo』(アラモ砦への道):ハーター、倒れてる北軍、寝てる酒場の親父、ポーカー、グリップ炙る、髪切って髭、北軍変装、大の字磔、Yes,"sir"、インディアン襲撃、川、札載せた小舟

『進撃0号作戦』:処刑、舞台メイク、神父、役者、一座、イタリア人、牛、車、オペラのレコード、手首、軍事法廷、飛行機、生き埋め、骸骨マスク、切れた線路、赤ん坊、洗礼、首

『The Great Adventure』:ジャック・パランス、雪、アラスカ、犬、トラバサミ、犬犬犬犬、幼姉弟、インディアン、イカダ、ポーカー、新聞売り、雪崩、クリスマス、花火

『His Name Was King』:リチャード・ハリソン、保安官キンスキー、馬車検閲、ガトリングガン、北軍、洞窟、マシンガン、見張りの目を盗んで縄を切る、洞窟爆破、オルゴール懐中時計

『風の無法者』:クリーフ、馬車床細工、馬二人乗り、弾盗む、鞄すり替え、銀、盗んだチキン、チキン強奪、銃集め、教会人質、トロッコ爆破、望遠鏡取り付け

『ジャンゴ/灼熱の戦場』:ネロ、神父、奴隷船、スコットランド人、蝶、大鍋、葬儀場車と機関銃、馬車で襲撃、磔足焼き、投げ落とす、投げ縄、告解室、燭台投げ、マリポサ・ネグラ

『五人の軍隊』:丹波哲郎、バッド・スペンサー、ナイフ投げショー、処刑で歌、五十万ドルの砂金、脱獄、列車二十分前作業車、ダイナマイト消音、列車の下、ナイフとパチンコ奇襲、連結部爆破、線路切換

『Uno Di Piu' All' Inferno』(地獄へ逆戻り):ジョージ・ヒルトン、ハーター、スイカ撃ち、主題歌良、小型犬、コルセット銃で解く、拍車で女装バレ、酒場大乱闘、留置所ベッド奪い合い、トランプマーク撃つ、箱の中に潜む、ドアノブとライフル、磔撃ち、両手潰れ、人形爆破

『皆殺しの用心棒』:銀行強盗、眼鏡、前払い、顔焼き死体偽装、背中流す、棺桶屋、馬小屋待ち伏せ、焼印拷問、弾摘出、記憶喪失、酒場で闇討ち、棺桶代、背中にダイナマイト、樽と藁

『血斗のジャンゴ』:ヴォロンテ、ミリアン、バーガー、弾摘出、馬捕獲、シェリフバッジの真ん中、祭り、計画的銀行強盗、砂漠

『豹/ジャガー』:ネロ、パランス、ピエロ、生き埋め脱出、ミルクにダイス、前金千週給二百、身ぐるみ剥ぐ、軍潜入、耳噛む、砂漠でシャワー、あちこちでマッチ、飛行機撃ち落とし、手榴弾、ライフル決闘

『リンゴ・キッド』:マーク・ダモン、黄金銃、結婚式、口笛で来る馬、拘留爺、卵カクテル、ギターの中に銃、水筒爆弾、馬二人乗り、カレンダーにナイフ、インディアン、死体の背に手紙、手斧、ボタン撃つ、反射

『殺して祈れ』:ルー・カステル、宴皆殺し、人形愛でる、蹄鉄の的、フライパン、保安官人形、パン撃ち、女の蝋燭撃ちゲーム、クスリ、逆さ吊り、スケッチ、妻絞殺、首吊り決闘、大鐘

『サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼』:ガルコ、ナヴァロ、悪シェリフ殺し、地中牢、酸浴びせ、吹き矢脱走、チョッキに油と火、屋根から部屋狙撃、豚、万能人形、ライフル撃鉄撃ち、薪にダイナマイト、棒高跳びで馬、金の混じった砂、サウナ、鎖、後ろ前、デッキ下、金貨シャワー

『地獄から来たプロガンマン』:ステファン、サンチョ、子供さらわれ、悪人護送、岩場撃ち合い、鞭用心棒、馬に帽子、ポーカー席にナイフ投げ、階段転がり撃ち、フック格闘、馬に跳び箱乗り、コロコロ草、雨の決闘というか格闘

『ミネソタ無頼』:サンチョ、脱走、馬で町を蹂躙、耳撃つ、「片目だけはいつも開けてる」、ヒロイン弾込め、聖書強制誓い、カウンターに戻ってから倒れる

『キラー・キッド』:ステファン、サンチョ、パンの中に手紙、「紳士的に殺すんですよ」、武器隠す、虐殺跡、銀貨撃ち、怪我のフリ、四人磔、マシンガン、ダイナマイト

『荒野のお尋ね者』:星条旗、南軍残党、銃殺刑現場、馬車ダイナマイト、手枷で馬、鞍を枕、川、銃声偽装、鞭で色々、夜襲、死体で偽装、鳴き真似、足くすぐり、馬車襲撃、風呂、南部連合のカネ

『西部のリトル・リタ〜踊る大銃撃戦〜』:リタ・パヴォーネ、テレンス・ヒル、インディアン集落、トランペットの中に銀貨

『大西部無頼列伝』:ユル・ブリンナー、ハーター、風見鶏決闘、ハモニカガンの端に葉巻、模型トラップ、鉄球蹴り、ピアノ、日記、肖像画、伝書鳩、テーブル上の踊り子、ニトロ、抜け道、オルゴール、ナイフでダイナマイト止める

『十字架の長い列』:ステファン、馬車死、ワイン注文、不法就労、聖書、牧師賞金稼ぎ、逆さ吊り罠、馬綱引き、六連装ライフル、闘鶏、トレイの下に銃、ミルク注文、自分の墓穴掘り、シャベル投げて殺す、三つ巴決闘

『皆殺しのジャンゴ』:テレンス・ヒル、曲良、鳥だらけ電報屋、首吊り屋、首吊り細工、鞭、「満場一致だ」、馬車の上の護衛、リンチ、お色気作戦、二丁拳銃、放火、火の海酒場、川で襲撃、「銃身を逆さにして渡せ」
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン