2015年09月04日

【二日に一本てのひら百合】2015.09.04 メールボックス



 メールボックスのフォルダの古い古い地層に未だあなた専用の箱が残っていて、そこにはあなたとわたしのメールが交互にぎっしりと並んで詰まって溢れそうになっているのだけど、最後に未練がましく続いて並んでいるわたしからの五通のメールがその箱に蓋をしてしまっているので、きっとこれから先も溢れてしまうことなんてないのです。

タグ:創作 百合
posted by 伊西殻 at 18:50| 【二日に一本てのひら百合】