2013年12月12日

【参加】百合同人アンソロジー『梏印の黯き冥宮』

毎度おなじみいつもの感じの百合小説アンソロジー(いつもの具合は過去の告知記事【123】で)にまた参加させて頂きました。
一応、百合合同誌の発行は最後というか一区切りという感じだそうです。
主催者のかわがせさんお疲れ様でした。

今回のテーマは不死百合。

コミックマーケット85、3日目(12/31、火曜日)西ら-38b「ノップマット」(委託)さん、3日目(12/31、火曜日)東ノ-35a「アズリリウム」(委託)さんでの頒布とのことです。
詳しくは以下のリンク先で。

blackbanner200.png
『梏印の黯き冥宮』告知ページ

私は伊西殻名義で「黄金に沈む棺桶」というかなり短めのお話を書かせて頂きました。
タイトルからしてわりとなんかもうそういう感じですが、西部劇というかマカロニウエスタン系のなにかです。
いままで余所様のフィールドでウエスタン系はやめとこう……くらいの自制心はあったわけですが、最後らしいしいいかな、と気が緩んでしまいました。すみません。
モチーフに扱うくらいにしておこうと思ったのに結構マカロニウエスタンやってしまった感じもします。すみません。
ただ、同じマカロニ×百合でもこのサイトでやっているマカロニ百合ウエスタンのシリーズとは少し毛色の違うものが書けて楽しかったです。
自分が違うと思っているだけな気もします。
いやほら……あるじゃないですか……自分の中にだけある基準みたいなのが……。

他の参加者の方の告知ページ、把握出来ているのはこちらとかこちら

安心と信頼のクオリティ実績を持つ百合小説アンソロと思いますので、どうぞよしなに。
posted by 伊西殻 at 00:00| オフライン・告知