2012年12月25日

ブログ過去記事更新

というかなんというか、出演情報を二作品ほど追加しています。

【マカロニ役者話】ジェラルド・ハーター(Gérard Herter)

そろそろ記事が古いので改めてまとめ直したいところではあるのですがー。


あとやっぱり『ドルの両面』のこともまとめたいんですけどね……。

98-1.jpg
フランスの「Star Cine Bravoure」という雑誌の、『ドルの両面』の全編roman-photo(フォトコミック)が載っている号を手に入れたので、その辺の紹介などしたいなぁ。
この雑誌ではタイトルが『COUP contre COUP』になっていたり、登場人物の名前が全部違ったりしていて、なかなかおもしろいです。
posted by 伊西殻 at 00:00| マカロニウエスタン

2012年12月15日

【参加】百合同人アンソロジー『追葬の皓き書庫』

夏にも告知していた殺伐百合小説シリーズ、冬コミで第三弾“血と忘却の香る記憶百合小説アンソロジー”が発行されます。私もまた参加させて頂きました。
殺伐百合アンソロジー、三部作ということで今回で完結だそうです。
主催者のかわがせさんお疲れ様でした。

コミックマーケット83、1日目(12/29土曜日)東Q-05b「篤農ドラゴン」さん、3日目(12/31月曜日)西る-14b「ノップマット」(委託)さんでの頒布とのことです。
詳しくは以下のリンク先で。

whitebanner200.png
『追葬の皓き書庫』告知ページ

私は「一九八三・西、一九七四・伊、記録無し」という1980年代のスペインに1970年代のイタリアをまじえつつ、映画とロケ地とあとシチリアマフィアな感じの短編を書かせて頂きました。
割とアダルトな年齢の女二人がどんより愛を深めてゆくような話です。
シチリアマフィアの女ボスも出てきますがマカロニウエスタンを女キャストで書いているような私が書いてるんだからそれは仕方のないことだと思います。


あと第一弾と第二弾も主催者のかたのサイトで通販があります。

殺伐百合アンソロシリーズ、イメージカラーが青・赤・白の素敵なトリコロールセットになっているようですので、揃えると見た目的にも綺麗だと思います。
自由・平等・博愛の詰まったかなり面白い充実のアンソロ群と思いますので、是非。
タグ:同人誌
posted by 伊西殻 at 00:00| オフライン・告知